現代を生きる男性に欠かせないのが車とギャンブルです。どちらも、友人たちの間で一目置かれるための基準となっています。世界中のギャンブラーたちにとって幸いなことに、ギャンブルマシンメーカーは車にインスパイアされたマシンの開発を好んで行っています。車をテーマにしたスロットマシンやポーカーマシンなど、可能性は無限です。

こうしたトレンドによってギャンブルの世界を知らなかった多くの車愛好家たちも、これらのゲームの魅力に気が付くのです。車をテーマにしたマシンが特定のファン層を惹きつけることに気づいたカジノは、さらに一歩踏み込んでジャックポットの景品として車を提供するようになりました。これがすぐさま大反響となり、人々に驚きを与えました。そこで提供される車は、どれもトップブランドの高級車でした。中には、普通の人の一生分の収入でも手が届かない車もあります。そうした事実がギャンブラーたちの興味をより一層惹きつけ、皆がこぞって景品の車を手に入れたいと思うようになったのです。今回は、世界中のカジノで景品として提供されているトップカーを一挙ご紹介します。

1.ジャガー XF AWD。車についての知識がある方なら、ジャガーの名前は聞いたことがあるでしょう。英国の高級ブランドであるジャガーには、創業から約100年の歴史があり、着実にその価値を築いてきました。米国各地のカジノが、ビッグホイールの景品にジャガー XF AWDを提供しています。3L V7エンジン、340馬力の同車は、0-60マイル加速6.4秒となっています。そのスピードを想像できますか?

2.1965 フォード マスタング。米国の歴史の偉大な一部となっている素晴らしい車です。米国の歴史の一部というだけでなく、ジム・モリソン、チャーリー・シーン、ビル・クリントンなど、この車のオーナーたちも錚々たる顔ぶれが揃っています。

3. 日産GT-R。2018にギャンブルが合法化され、大阪と東京で「カジノ」がグランドオープンを迎えた日本において、「カジノ」のオーナーたちはランダムゲームのジャックポットの景品に素晴らしい日産GT-Rを据えました。発売からやや時間は経っているものの、時速320km以上の最高速度を誇ります。Nismoの手にかかれば、あらゆるものが特別な存在になります。600馬力、0-60マイル加速は2.8秒です。

4.トヨタ スープラA80。 ゲームにも登場する最も有名なこの車を最後にご紹介します。「ニード・フォー・スピード」シリーズでは、ほぼ全作品を通じて登場し、ストリートでの名声を築いてきました。強力なターボチャージャーシリンダーエンジンを搭載し、マーケットでの有力な地位を築いたスーパーカーです。日本の「カジノ」において、新たなオーナーが現れるのを待っている美しい車です。

以上が世界中のカジノで景品として獲得できるトップカーのリストです。他にもこんな車があるというご意見がおありの方は、ぜひコメントをお寄せください。フィードバックもお待ちしています。